スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杏の紅茶漬け

冷房でただでさえお腹冷え易い体質が更に酷くなるので、
あまり身体を冷やすものは食べないでおこうと、
おやつはドライフルーツとかナッツとか。

トルコ産ドライあんず(砂糖不使用)を袋で買ったのだけど、柔らかく食べたいなということで、
紅茶漬けにしてみた(いちじくといい、トルコ産ドライフルーツは美味しいなぁ)。

apricot1.jpg
↑ドライあんずを容器に入れ、冷ました紅茶をドドッと入れるだけ。

↓二日後。
apricot2.jpg

買ったあんずにもよるのだけど、3日目くらいから良い感じでふっくらして食べごろな気がする。
ほんとにふっくらと瑞々しく戻って美味しい♪
不思議と紅茶の味はしない(紅茶投入直後は紅茶の色が濃いのに、時間たつと薄くなってるのはなぜだろう?)
これを一日3つくらいおやつにするのです。
(ドライフルーツまんまのデーツも一緒に)。

----------------------------------------------------------------------
YouTubeで五月天@台湾の新曲の「派對動物」(公式PVはYouTubeに)を聴いてたら、
癒されるわ~元気になるわ~楽しい!と、先月だっけ?出たアルバムを気づいたらポチッてた。
台湾音楽は長いこと聴いてるけど(それこそ五月天がデビューする前から)、
五月天は守備範囲じゃなかったのにね。
五月天の曲は聴いてると癒される曲が多いのが今ツボにはまったのかも。
今は特定の歌手に執着しないでその時いいなと思った音楽を洋の東西問わず聴いているので、
縛りがない分、色々発見もあって楽しい。
それまであまり聴いてなかった人でも聴いて好きになることもあったり。

その方向で、今年既に今まで眼中にもなかった平原綾香のアルバム「LOVE」も気づいたら買ってたなぁ。
何故かテレビの某通販専門会社の番組に彼女が出ておりまして(同アルバムのスペシャルBOXの販促も兼ねてたようで)、
生歌を披露していたのですよね。
へ?通販番組でライブなんてあるんだ?と驚きつつ見ていたのだけど、
その時歌ってた「マスカット」(玉置浩二 作曲&作詞)に一発でやられまして(笑)。
(あ、アルバムは特にファンとかではないので通常版で購入しました)。
他の収録曲も提供者が有名どこのアーティストばかりでまぁ凄いのですが、
いい曲が多かった。
またこういう曲も歌うのかぁと好意的な意味で驚いた。
今まで「ジュピターの人」っていう印象しかなくて特に興味もなかったけど、
彼女に感じたことがなかったいい意味での女性的な部分を見た感じ。

今年はいくつ新たな出会いの曲を聴くことができるかなぁ。


ビーズで再び。

↓暑くなってきた頃に、涼しげな色がいいなぁ~と、ソーダみたいな色なアマゾナイトとホワイトオニキスで。
(画像は見えにくいけど、天然石は多面カット)。あとは透明に白い模様の入ったガラスビーズで。
作ってから、こういう涼しい色はパールのネックレス以外持ってなかったので結構身につけた。
necklace2.jpg

↓チェリークォーツ(ピンクの石)主体だと甘くなりすぎるのでボツワナアゲートも投入。
あとはゴールドの凹凸模様の入った大玉とかオーバル型のとか組み合わせて。
necklace4.jpg

↓上記2つは脳内でできあがりが浮かんで作ったものだけど、これは平日にストレス発散で思いのままにやっちゃったやつ。
緑のはガラスビーズ、黄緑のはニューキャッツアイのライトグリーン、上部の透明大玉は水晶、
小さく白っぽいのはコットンパールのシルバー、四角でクリアっぽい(実際はちょっとグレーがかってる)のはたぶんチェコのスクエアか何か(昨年末に買った福袋の中に入ってたので・笑)
なんにも考えずにやっちまった感満載だけど、身につけたら太陽の光に水晶とスクエアのがキラリとして思ったより涼しげに見えた。
necklace3.jpg

↓上記の反動か?
「黒々しいのが欲しい」と、ネック部分はファイヤーポリッシュonlyで(数粒ごとにゴールドがかった色もちょい入ってる)。
トップは透かしパーツをあえて全部埋め尽くさないで配置。花の部分は丸小ビーズの黒(中央はスワロフスキー1088番のシルク)、チェコのベルフラワーの大きめのとか、ネック部分より大きなファイヤーポリッシュとか、ほんと黒々しい(笑)。
ほぼ黒とゴールドの色主体(一部濃い茶のビジューも入ってますが)。
秋も深まったら使おう。
necklace1.jpg

↓トドメに黒と赤の世界でブローチ。
ブローチは、きっちり整列させるやつよりも思いのままにランダムで刺していくのが自分には合ってる気が^^;
写真うつりが悪いけど、実際は右下にしずく型のスワロフスキー4320番(真っ赤)。
あと5810番のブラックベリー(4mm)たくさんとか、天然石はオニキス(多面カット)、
真っ赤な多面カットのガラスビーズとか、赤と黒(中和にほんの少し濃い茶のも混じってます)。
形もいろいろ。それにしてもスワロフスキーが一粒でも入るとやっぱり全体が締まる気がする。

brooch3.jpg


ブルーのアクセサリーは、自分が青が似合わないので(特にはっきり青々しいのが^^;)作っていない。
そのうちもっとちゃんと作れるようになったら、青が似合う人に作ってみたいです。
(ラピスラズリとか、スワロのモンタナ(色の名前)とか、ファイヤーポリッシュのコバルトセルシアンとか)。
黒々しいのを作って満足したので、今度はイエロー主体のを作ってみたい(パーツ間違うとめっちゃ子供っぽくなりそうで難しそうだけど)。
ここ1か月半で時間がある時に作ったものたちでした。

ビーズでブローチ。

brooch1.jpg

↑最近作ったブローチ2つ。
ストールを留めたりするのにあったらいいな~と作ったのですが、
両方とも思いのままにワイヤーにビーズ通して作ったので、盛り盛りに(笑)。

左のはチェコのガラスビーズやファイヤーポリッシュ、
プラスチックパールや花や葉のメタルパーツなど。
右下にスワロフスキー1088番(クリスタル)を一つだけ入れたのだけど、
ちょい埋もれ気味^^;;;
全体的に白だけど、微妙に色違いのを組み合わせ。

右のは左のより小さめだけど、
スワロフスキー1088番(パシフィックオパール)は1粒だけど
同・5301番(クリソライト)は一袋15粒使い切り、
チェコビーズのリーフ型1色と、ベルフラワー型2色、
キャンディービーズのミルキーグリーン、その他パールビーズや丸大ビーズを使っているので、
使用種類と個数はこちらの方が多め。
夏も近いのでグリーンなのが欲しかったのです。

ブローチのシャワー台(土台)の穴が見えると、
穴を目の敵のように見えなくなるまでビーズをどんどん刺していくから盛り盛りになるのだな^^;
右のを作っている時に、丸大ビーズなどの小さいビーズは3~5粒通してワイヤーひねって、
木の枝作るみたいにやっていくとボリュームが出やすいので、
次作る時も応用しようかな。


お弁当。

今日は平日の弁当用常備菜を作っていました。

bento2.jpg

人参のマリネ・味玉・レンコンのきんぴら風。

味玉はお湯が沸騰してから7分卵を茹でるとお弁当に入れても黄身が流れない程度の半熟になるかな。
付け汁は白だしと麺つゆとお水が1:1:1(確かテレビで見たやつ)。
半日たったら卵をひっくりかえしてまんべんなく味が染みるようにして、食べるのは翌日から。
人参マリネは細い千切りした人参を酢・オリーブ油・塩・あらびきの黒こしょうであえたもの。
レンコンはゴマ油で炒めて、醤油・みりん・酢を追って入れてからめたもの。輪切り唐辛子もちょっと。
常備菜用の容器はプラスチックだと臭いつくのが嫌なので、大抵ガラスか陶器か琺瑯。
↑の卵とレンコンの容器は陶器で蓋がついているのが使いやすい。人参のはガラス。

あまり日持ちさせることには個人的にはどうかなぁ?と思っているので、
せいぜい味玉とか、あとは酢を使って作った野菜料理などをちょっと作って大体2日(マリネやピクルスだと3~4日)で消費できる程度しか作らない。
なくなったらまた作るの繰り返し。
でも、少しやっておくだけで朝の弁当作りがとても楽になる。
明日はこれにご飯と鯖の竜田揚げとミニトマトを追加で完成♪
--------------------------------------------------------------
弁当箱は結構持っている方かも^^;;;
一番使うのは小判型の曲げわっぱ(400mlくらい)のと、野田琺瑯のラウンド12cmの容器。
それと温かい汁物用にサーモスのフードコンテナー。

たまに使うのは

HAKOYA BRUNCH はこべん mokume ブラウン 50995

HAKOYAの「はこべん」↑。
容量が大きめ(中で二段になっていて下段だけで350mlある)なので普通に詰める形の弁当では使わないのだけど、
下段においなりさんや中巻・細巻つめて上段に卵焼きとお漬物と果物とか、
あえて上段をとっぱらってオムライスをふんわりいれるとか(蓋で圧迫されない)。
そういう使い方の時には重宝してます。

bento4.jpg

↑これを見つけた時には歓喜した(笑)
TREKSの「スクエアワンボックスランチ」
丼用弁当箱って丸いのばかりで、買った当時バッグに収まりが悪いから四角いのはないんかっ!と探して見つけた。
(今でも四角い丼用弁当箱ってこれしか見た事ない)。
中で二段になっていて下段にごはん、上段にのっけるおかず。
パッキン式の蓋ではないのだけど、内蓋の溝が外側の箱と内側の上段の間にフィットするようになってる。
材料が数少ない日とか、疲れて簡単な弁当を・・・・・って時にほんと丼っていいよね。
先日は青椒肉絲風の丼弁当を作ったです・・・・。
あとこれに素麺を入れて、フードコンテナーに温かい汁を入れて麺弁当も可能。

bento3.jpg

調べたらなんと、1998年のミスド景品のランチボックス^^;;;
原田治さんイラストのゴジラ♪
折りたためて便利なんでいまだに使っている、ほぼサンドイッチ専用ボックス。

--------------------------------------------------------------

私の場合はお弁当は自身だけの分なので無理しない。
常備菜以外は基本冷蔵庫の中を見て、ありもので作る。
何品もと考えすぎない。
仕事で疲れたとか夜遅く帰ってきた翌日とかはサンドイッチとか丼ものとか手ぇ抜くこともする。
(サンドイッチは食パン使うより、ロールパンに切れ目入れて具挟むのが好きなぁ片手で持てるし)
汁もの持っていく時は味噌汁の時は朝昼兼用したり^^;←ただし、フードコンテナーに向かない具もあるので具を別にする時はある。
気合を入れすぎないことが私の長続きの秘訣でございます(ほんと凄いお弁当作る方々とか尊敬します)。

武侠ドラマ「古剣奇譚」(チャンネルNECO放送)視聴完了。

なんのかんのと全50集見てしまった。
武侠ドラマ完遂したの久しぶりだなぁ。
ガッツリ武侠!というより逆のドラマな雰囲気でした(神仙風味と愛が主体?)
オヤジ成分はほぼ皆無に近いので(私が「足りん!」と思ったとこはここか)、
美男美女を愛(め)で・・・・・(笑)。

しかし、武侠ドラマでありがちなストーリー破綻度は低めで、
ちょい糖度が高いドラマでしたが(色々な形の「愛」がありましたねぇ)、
割によくまとまっていた物語だと思う。
ラストがなー・・・・あんなにも~ずーっと!試練につぐ試練に終始した(しかも本人起因ではない)百里屠蘇(主人公)が、
報われる結末かと思いや・・・・・・(絶句)。
ほんの僅かでも奇跡があるかと思ったら・・・・・!!!
「えええっ!そ・・・・・その状態のまま終わるんですか?」で終了
(尻切れトンボの意味ではなく、更なる転換を期待した意味で)。
その後の余韻は視聴者のご想像のままになのかしら。
晴雪のあてどもない旅が実を結ぶかも分からず・・・・・

主人公が過酷な運命に翻弄されながらも、
誰かの為に生きようと成長する姿は主軸としてブレなかったよね。
そういう素直なところが愛される所以で、人も集まってくる。
(彼の成長物語でもあったから、さすがに最期には目から汁が)。

しかし、欧陽少恭(と巽芳)には共感できなかったぞ。
二人の世界に入っちゃって、欧陽少恭はあれだけ己の私欲で犠牲を出しながら、
最後の最後まで自分の世界にひたったままだったでしょ。
「ちょっと待て、おまえそのまま逝くんか?!」と眉間にシワの熊猫屋。
如心に対する仕打ちとか許せんのだがっヽ(*`Д´)ノオノレッ

紫胤真人と陵越はひたすらもーかっちょよかったよねー(笑)。
紫胤真人こと執剣長老はなんというかこ~屠蘇に対する慈愛に満ちてましたよね。
見た目は紫胤めっちゃ美麗だから父子の年齢歳には見えんが(実際は何百年生きてるか知らんがものすごく離れまくっとる)
厳しくも、いざという時は身体はって守ってくれるし、まさに父親のような存在だっただけに、
屠蘇が散ってしまった時はどう感じていたのだろうな。
(最後まで見て第1集の二人の出会いを改めて観ると泣ける)。
紫胤真人と涵素真人こと掌門(NECOの字幕では掌門としか言ってないんで本当の名前何だよ!て調べた^^;)が並ぶと、
紫胤の方が肝が据わって落ち着いていて堂々として見えるから、
時々掌門大丈夫か?と思ってしまった(笑・スマン!でも面白い人だなーって見てたよ。ふふふ)
芙蕖(涵素真人の娘)が次の天墉城の掌門に決まった陵越にお父様より良い掌門になれるわって言ったけど、
思わず笑ってしまったよ(笑)。
大師兄(陵越)はひたすら格好良いな~非の打ちどころないんじゃね?
このタイプが主人公だと完璧超人すぎてアレなんだけど、脇から時々現れては屠蘇を紫胤とは別のベクトルで守ってたしお兄ちゃんだったよね。
実の弟の蘭生とはその後も繋がりがあるようでなにより。

ゲーム派生ものとはいえ、思ったより面白かったです。
(でも今時の大陸武侠ドラマの特殊効果の過剰さにはちょっと見ているとクラクラしてくるのだけどね^^;)
------------------------------------------------------------
糖度高めのもの観た後は、やはしもちっと武侠っぽいの観たいわ。
しかし、今NECOでやってる「天龍八部ー新版ー」は・・・金庸ものの気分ではないしな~

いくら大陸産のこの人原作ドラマでハズレ多すぎとはいえ(おい)
古龍もの好きだし!ということで、
やっと張智堯版の「楚留香新傳」(全38集)観ようかと。
楚留香ものにつきましては結構色々観ていると思うのですが、
割と近年までいくつも作られているのにも関わらず、
映画では狄龍(ティ・ロン)主演のもの、ドラマはなんつっても鄭少秋(アダム・チェン)主演のが至高の熊猫屋
(両方とも1970年代香港だ!・笑)。
張智堯版の前は朱孝天版の楚留香(ドラマ)がありましたが、
現地評価でもその段階で鄭少秋超えたという声が無く(まぁ秋官イメージ凄く高いですものね)、
私の中でも同様だったのですが、雰囲気的には張智堯楚留香、久しぶりにめっちゃ良いんですがっ・・・・!(惚)。
これから少しずつ観ていくわー(やるのは「鬼恋傳奇」から「新月傳奇」あたりか?)。
導演が同じ古龍ものの「大人物」(謝霆鋒・主演)の張敏と知って、ちょっとビクついているのだけど^^;;
(あれは原作未完ものとはいえぶっとんでたよなー)

そういえば古龍ものといえば今大陸で「新萧十一郎」放送してるみたいではないですか。
観てみたいなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。