スポンサー広告 > 食もの映画≪その3≫ 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(2014年・アメリカ)
映画 > 食と映画 > 食もの映画≪その3≫ 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(2014年・アメリカ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食もの映画≪その3≫ 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(2014年・アメリカ)

原題「Chef」

※★の数は評価というより単純に私の「好き度」です(★5個=満点)。

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(2014年・アメリカ)★★★★.5


シェフ 三ツ星フードトラック始めました [SPE BEST] [DVD]

カタカナで「シェフ」という題名だと2012年のジャン・レノ主演のフランス映画「シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜」(この映画も大好き)と被るので、邦題は最後まで入れて完成形。

見終わって、とっても幸せな気分になれる素敵な映画でした。
そして、結構めくるめく飯テロ映画でもあり(笑)。
主演も務めるジョン・ファヴロー監督作品。
-----------------------------------------------------
地元(ロサンゼルス)に根付いたレストランで腕をふるっていた主人公のカール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)。
しかし、オーナーが結構保守的な人で、カールの作りたい料理ではなくオーナー希望の伝統的な料理にこだわります。
そんな折、SNSで人気のグルメ評論家のラムジー( オリヴァー・プラット)が訪れ、カールの料理をツイッターで酷評。
オーナーと衝突し、それでも伝統料理にこだわるオーナーの嫌ならやめろという言にカールは店を辞し、
ほぼ同時の流れでカールの息子・パーシー( エムジェイ・アンソニー)にツイッターのやり方を教わったカールは、
ラムジーの酷評に応酬しようとして、いわゆる炎上^^;
失意の彼は、元妻のイネズ(ソフィア・ベルガラ)のすすめもあって、今まであまりかまってあげられなかった息子と共に、
マイアミへ。
そこで出会ったキューバサンドとイネズの後押しでフードトラックを始めることになります。
ロスの店で共に働いていたマーティン( ジョン・レグイザモ)は、スーシェフの座も捨ててカールの元にかけつけて、
カールとパーシー(息子)とマーティンの3人でフードトラックでキューバサンドなどを売ることに。
それまで微妙な感情の流れのあったカールとパーシーの心の交流と、
カール自身の挫折と、心を取り戻す(家族と料理の両方)作品です。
---------------------------------------------------------
この映画、最終的にはほんっとの悪人っていないかも。
いや、確かに評論家のラムジーはよくいる上から目線の評論家だったけど、ラスト見ても分かる様に心がない奴ではなかったし、
序盤のレンストランオーナーも、酷評はされたけど、レストラン自体は地元の人で賑わっていて、
地元の人が求める料理を提供したいっていうのもわからんわけではないし(俺の店だ!発言はちょいキツかったけどね)。
ソムリエールのモリー(スカーレット・ヨハンソン)もイネズ同様にカールの腕はかっていて叱咤もするが優しいし、
イネズの昔の恋人で、フードトラック提供のマーヴィンはちょっと変わってるけど(ちょい変人)悪ではない。
それ故に、後味わりとすっきりで(ラムジーのダイナミック手のひら返しはちとアレだが・笑)、
息子と心を交わしていくうちに、息子と共にカールも自身も変化していく様がほんとに爽やか。

今時のSNS事情も反映していて、ツイッターのみならずVine(6秒動画)なども登場。
それをうまく話の中に取り込んでいて、使い方を熟知していなくて炎上してしまうカールとか、
息子がSNSを駆使して宣伝してくれたり、あるいは旅の思い出を動画にしてそれを見て泣くカールとか。
(息子のパーシーがほんと可愛い。ちょっと背伸びしたり、子供らしいストレートな感情を見せたり、
カールが思ってたよりしっかりとした面もあったり、基本素直な良い子)。

料理シーンがもーどれもこれも美味しそうで、
店を辞してやけ食いならぬ「やけ料理」状態のカールが、
次々と料理を作っていく場面とか(豚のローストとか美味しそう)、
一方で息子のパーシーに作った朝食のクロックムッシュやハッシュポテト
(仕事で料理ではなくて自分とかに料理の場合は結構高カロリーぽそうだな・笑)、
そしてカールが惚れた、ポークと数種のチーズとピクルスとマスタードがはさまった、
外はバターをぬってパリパリに焼いたパンのキューバサンド。
テキサスのバーベキューの店のアーロンから分けてもらった、外は黒いが中はレアなお肉
(これは後にオースティン・ミッドナイトというサンドになる)、
DVD付属の製作秘話な話を見ていると、作る際の手際も含めて料理へのこだわりも感じられます。

ぼーっと何度も見たくなる、無条件にハッピーになる映画。
音楽もラテンありヒップホップあり、サントラ欲しくなるくらい素敵でした。
食もの映画好きにはめっちゃオススメ。






スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。