2015年12月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「全力スマッシュ」(原題:全力扣殺)2015年香港映画

先日、ようやく我が地域で上映されたので映画館で見てきたのと、
これまたようやくYesAsiaからDVD(香港版)が届いたので記述。

既に各国で上映済みのようですが、何故かまだ大陸では上映になってなかったというか延期?になってたようで
(大陸との合作作品ではないから?)12月11日からようやく上映開始になってるようです。

香港のBoXOfficeの今年上半期の外国映画を除いた順位が第10位。
ちょっと1000万HKドルを超えたくらいでしょうか(11,580,327香港ドルだそうです)。
今の香港ならまだまし・・・・・なのかなぁ・・・・・・・?????(良くも無いがべらぼうに悪いわけでもないのか?)
製作費が3000万HKドルらしいのでDVDとか各国での上演権で回収できてるといいね!

私はこの映画好きなんだけど、日本での賛否両論も色々あるというか微妙な意見も多いんだね(^^;)
(やっぱし師匠のゲ○シーンがきっついか(笑)。香港映画めっちゃ見てきたけど、ずいぶん長いゲ○だなぁ~と、
耐性ある私でも苦笑してたくらいなので)。
ALL喜劇な映画を期待すると肩すかし食らうのだけど、勝負があってないようなあの結末もありだと思うのよね個人的には。
何より、大陸が入らない純香港製映画というのが私は嬉しい。
広東語で、香港的ノリで、映画が!というのが良いのだよ。
(宇宙人の件とか多少意味不明箇所はあるけど(笑))
-------------------------------------------------------
私は鄭伊健(イーキン・チェン)のファンを10ん年やっているけれども、
本映画については師匠役の林敏驄(アンドリュー・ラム)とチョン坊や役の鄭中基(ロナルド・チェン)を推したい。
(日本の映画公式さん、すまぬが伊健の映画デビュー作は「超級學校覇王」(1993年)ではなく、1992年の「應召女郎1988之二現代應召女郎」でござるよ)。

鄭中基はコメディ系の演技が昔からうまいだけあって、今回はうっかりすると「おそ松くん」のイヤミ寄りな風貌(爆)で
嫌味ったらしく演じてくれたのがとても良かった
(まだ彼は43歳なんですからね!前髪下ろすとやたら若蔵に見えた林昭役の梁漢文(エドモンド・リョン)より1歳下だし、伊健より5歳若い)。
イヤ~な奴だったのに、彼もバドミントンをやったのは立場こそ違え、伊健演じる劉丹たちと似たようなもので、
勝つことで馬鹿にされない人間になりたかった。
勝負は思わぬ方向で終わってしまったけれども、勝負なんかよりバドミントンに打ち込む中で彼も得るものがあって、
終わった後憑き物が落ちたみたいな顔になってるところがちょっと可愛く(笑)思ってしまった。

林敏驄は本業は音楽を作る偉大な音楽家なのに、なに・・・・このはっちゃけ度といい、キャラの濃さといい、
別にゲ○がなくともインパクト大すぎる。
あんな酷い酔いどれオヤジだったのに、本格的に練習だ!ってなったとたんかつてのバドミントンの栄光を背負った戚冠軍の風格も現れて(それでもボケるけど)。
演技経験はそんなに多くないのに、なんじゃらほいこのオッサン(褒め言葉)。
香港版DVDについてた特典のNG集の出番も一番多かったけどね(笑えるNGだったからかも)

上記二人と、あと梅姨役の邵音音(スーザン・ショウ)あたりとか面白かったです。

脇役とかちょい役とかでも「え!?」という人がちょこちょこっと出ていて、
主役の何超儀(ジョシー・ホー)の優しいお兄ちゃん役に謝君豪とか(いつまでたっても私の中で「あ、<南海十三郎>の人だ」ですまない^^;)
警官で謝天華(マイケル・ツェー)がいたり、
序盤の方でいざこざがおきて出てきた婦警さん2名が車婉婉(ステファニー・チェ)と谷祖琳(ジョー・コク)だったり
大会で最初の対戦相手の「警察之友」チームの眼鏡野郎は谷德昭(ヴィンセント・コク)だよね?(笑)。
(それにしても劉丹同好會入場時のタイーホパフォーマンスはちとブラックジョークにすぎるわ^^;;)

伊健は、この映画観つつ
「やっぱり伊健に悪役やらせてみたいっ!!」って改めて思った熊猫屋です。
序盤の険がある雰囲気といい、絶対いけると思うんだよね。
若い頃と違って、演技にもある種のいい意味でのゆとりも出てきてるし、うぉ~やって欲しい!!

何超儀は、序盤の薄汚いうらぶれた雰囲気と、後半の可愛い雰囲気がズルい(繰り返し褒め言葉♪)
劉丹とはその後どうなったんだろねー作中その辺は全く触れてないけど。

-------------------------------------------------------

香港版DVDはリージョンALLなので、普通に再生可能。
2枚組で1枚は本編、1枚は特典DVDになっております。
本編DVDはなんと監督のコメンタリーとキャストコメンタリーの2バージョンも収録。
ううううっ・・・・・広東語は聴きとりできないのでコメンタリーの中文字幕付けてほしーよーめっちゃキャストコメンタリー楽しそうじゃん!!(ピー音もたまに入るけど何言った・笑)

特典DVDは
4バージョンのトレーラー、
演技、バドミントンの練習、あと撮影の各メイキング映像(ここでも師匠ってば・・・・笑)
MV2本
NG集(NG集2本の他に、師匠によるスラング講座があるぞ(爆笑)。映画観てわかんなかったスラングもここで・・・・・^^;)
本編で使われなかったシーンてんこ盛り集め
各地上映イベント会場での「全力扣殺」コール集
スライドショー

の構成となっているようです。
メイキングと、師匠スラング講座と、カットシーンてんこ盛りは必見。
下手したら本編より爆笑必至(笑)。
師匠のキャラが突き抜けすぎててもう何ていっていいんだか(観終わる頃には師匠ファンになってる恐ろしさ・爆)。

この映画好きだなーって思った方は是非とも香港版DVDオススメ!!
(BDも同じっぽそうだからそっちでもよさげ)。
ちなみにVCDも出ているけれどVCDは本編のみです。

MV集は主題歌の「來吧!人類要奔放」と挿入歌の「奮鬥」が入っているのですが、
「奮鬥」は甄妮が歌った1978年の周潤發(チョウ・ユンファ)と趙雅芝(アンジー・チウ)主演の同名の全85集のTVBドラマ主題歌だったものなんだね(チラっと調べた)→これ(YouTube)
MVについては一つ不満があるのだけど、もう一個の挿入歌「天下無敵」がなんで入ってないんだよー!!
(この曲も主題曲同様波多野さんが作曲)
歌詞がもろに「武侠映画でまんま使えそうな」曲で気に入ったのにっ!
(曲調も武侠もので使えるよなぁ~素晴らしい♪)



-------------------------------------------------------
日本版DVDは3月に出るみたいだけど↓、どこまで特典つくのかなぁ?
香港版ほどの充実度・・・・はむりっぽそうだけど(言語的に)
できるだけつけて欲しいな!


全力スマッシュ [DVD]

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。