2015年03月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がま口の部屋<7> ふたたび持ち手改良。

1月に放送したBSプレミアムの「イッピン」、いつぞやの「美の壺」以来のがま口特集でしたね。
(3月21日の3時に再放送あるみたい)。

「あ!<ぽっちり>!こっちは<あやの小路>え~とあれは<まつひろ商店>に<亥の吉>だわ」と、
お店の名前がすぐ頭に出てきてしまい・・・・・
最後の個人作家さんは<poussette>かな?
しかもあの番組の中で中越さんが身につけてらした<亥の吉>のたんぽぽ柄アレンジの白地にオレンジのベンリーのがまバッグ
・・・・うっこれ持ってる^^;
(亥の吉さんのオリジナルテキスタイルがすごく好きで、がま口抜きにしても大好き。
ブックカバーなんかとても綺麗で愛用してますよ。とても丈夫だしオススメ)。
がま口オタ的には、レザーのがま口を作ってるとこにも突撃していただきたかったなーと思いつつも、
がま口入門としてはまずまず。

------------------------------------------------------------

以前の記事で、とても大きながま口バッグをショルダーで持つのは肩にツラくなってきたからと、
手芸店でナスカンつきの持ち手を買って、手で持てるようにしたというのを書いたのですが
以前の記事
ここで問題発生。
口金のひっかける場所の間隔が広いせいか?
はたまた持ち手の金具の太さ等との相性がよくないせいか?
持ってるときに持ち手がとれてしまう事案頻発^^;;;;

これはいかん・・・・もうショルダーではあんまり持ちたくないしなー
もう最終手段・・・・・いっちゃうか!ということで

gamaguchi03012.jpg

縫いつけタイプの持ち手を買ってきて、直接本体につけましたよ。
(以前の記事の同種で別生地のがまバッグ^^;)
本体がとても丈夫に作られているので、縫いつけ結構大変でした。
革用の針で手縫いで縫いつけていくのですが、厚みあるわで途中で指痛くなりましたわ。
しかし、縫いつけ終わって、その持ちやすさに
「もっと早くこれやっときゃよかった・・・・・・」というくらい持ちやすい。
持ち手が細めの方が手にやさしいと思って細い革持ち手にしたのも正解だったようです。
(私の手が小さめのせいもあります)。
これでガンガン使えるわ^^
(結構ものつっこんでも本体に持ち手直接なんで口金がパッカンと開かないし、重さもショルダー時より感じない)。

ショルダーでナスカンタイプのものがOKなのは、個人的にはポシェットくらい小さめとか、
マチの厚みが無いものだなーと。
口金にひっかけがあって、ナスカンでショルダー紐や一本手の持ち手をひっかけて使う場合、
重いと肩に食い込むし、あと物をちょっと詰め込んでしまうと口金がパッカリと開きやすくなっちゃうので、
マチが厚いバッグで口金ひっかけタイプは注意がいると。
口金の玉の部分をペンチとかでカタメにすると多少は開きにくくなって、
お出かけ先で不意に開くトラブルは出にくくはなるけど、限界はありますし。
なので、がま口バッグのマチの厚さやバッグの大きさとナスカンとの関係には注意深くなってしまう熊猫屋です。

あ、ナスカンで口金ひっかけ持ち手は、他の小さめのがま口バッグに転用することに。

------------------------------------------------------------
私個人は、バッグの理想形ががま口でない普通のものは四角というかスクエアなものが本来好みで、
カッチリしたのがいいなぁ~と思っても、がま口バッグではなかなかその理想にめぐりあわず・・・・^^;;
しかも布とかじゃなくて革だと嬉しい。

あやの小路のよこ長がま口ハンドバッグが
「おおおお・・・・・この形いいっ!しかし帆布はもういいかなぁ・・・・・」と思ってたところ、
いつの年だか忘れたけど、期間限定セミオーダーで自分の好きな生地で作ってもらえるのを知り、
しかも問い合わせて薄手の革ならOKということで・・・・

gamaguchi0301.jpg

シープレザーで。
ひつじ~ひつじ~♪
かなりお気に入りで、ちょっとしたお出かけにも使えるので重宝してる。
柔らかい革なんで扱いにちと慎重になるけど、軽いし革の感じも好きだし、
形がカッチリと四角いんでお気に入りでございます。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。