2013年02月 の記事一覧

3月のNECOで。

「ひょう行天下」ってーのを放送するそうですね。
(NECOさんの<ひょう>の字、「鏢」にはできないのだろうか?)
チャンネルNECOはどっちかというと時代劇とか日活ものとか新東宝枠で見ることが多い私ですが、
武侠もたまに。
で、何でこれ?と思ったら
姜大衛(デビッド・チャン)が出るんかい!←年齢重ねてからの彼は私はあんまし見てないかも。
あんましよーわからんので自力で調べたら、
これですね→百度※注意・中国語
↑でざっと見ると・・・・鏢局がメインなの??
鏢局そのものが武侠ものでメインってかわってるような気もしないでもない。
物語の途中で鏢局にヒント求めたり、と思ったら鏢局の人が皆殺しに合ったり、
鏢局の人がハンコ押したように見た感じ悪かったり(笑)というのは見るんですが・・・・。
短そうだから見てみようかな?

そういやこの作品にも出ているらしい張智堯(チャン・ジーヤオ)、
2011年版の「楚留香新傳」のDVDは出ないんですかね?
朱孝天(ケン・チュウ)版(2007年)よりもはるかに香帥らしい雰囲気なので、見てみたいんですが。
香帥といえばこの人な鄭少秋(アダム・チェン)の1979年香港版(私もお気に入り)以外にも、
そろそろ現代の決定版があると嬉しいです。
(思えば楚留香もんは何だかんだ言いつつ色々版を見てる気が・・・)

・・・・と、更に話脱線しますが楚留香でうろうろしていたら、
変なもの見つけた・・・・・って、えええええ~~~!!!!<宝塚>で楚留香となっ!?宝塚の公演案内
なんぞ、それ(あまりの驚きで心臓バクバク・笑)
しかもミュージカル仕立てて・・・・・・
宝塚だと、助手の三人娘までラブにからめちゃったりなんとかあったりして(爆)
親友の胡鐡花が美形とかありそうでコワイ^^;
私、宝塚苦手なんですがちょいと怖いものみたさで見てみたいかも。
中日劇場・・・・きしめんの国は遠い。
豪気なのが台湾でやるというのがまたビックリ。
台湾といえば原作者の古龍の生まれ故郷だわ、
鄭少秋版の楚留香が放送された時、70%以上の視聴率をたたきだしたとか、
(乱暴な例えだけど日本の時代劇で言うところの「暴れん坊将軍」は松平健さんじゃなきゃとか、「銭形平次」は橋蔵さんじゃないとダメというくらいのイメージ)
めっさ縁深い地域で、武侠キャラとしてはあまりにおなじみ。
しかも、キャラのイメージが結構固まってるやつ故に、
よくこれをやろうと思いなすったなぁ・・・・。
古龍作品の主人公としては割と華やかなタイプだけど(だからか!?)、どんな風な仕上がりなのかしら。

割と好みの香帥を並べて見た@動画(笑)
 狄龍(ティ・ロン)の楚留香@映画 鄭少秋の楚留香 張智堯の楚留香
スポンサーサイト